パチスロ-広告規制後でも勝つ方法-TOP > 立ち回りスタイル > 高設定狙い

高設定狙いについて

パチンコ屋には基本的に高設定台が入ります。

ただし設定次第では店側の思い通りの振る舞いをしないこともあります。



ある程度の稼働が見られれば、
当たりや子役の確率から高設定狙いも可能となりますが、
そもそも稼働していない台に高設定が入っていても判断することが出来ません。

その為、高設定台は人気のある台に入ることが多いです。


高設定台を入れる店側の目的としては、
高設定が入っていることを客にアピールし、
イベントなどの信頼度が高いことを示したいので、
客に高設定台を打たれなければ
「この店の設定は全て1、もしくは低設定が多い」という印象を受けられ、
誰も店舗に寄り付かなくなります。


店側もそういったことを防ぐために、
良く稼働している台に設定が高い台を入れるのです。


店によってはある一定のパターンで高設定台を入れてくることがある為、
日ごろのデータ解析は非常に重要となります。


パチスロで稼ぐために必要な、だれでも出来る簡単なコツがあります。
こんな簡単なコトを知っているだけで
月52万、年間にして500万以上稼ぐことができています。

>>こちら





立ち回りスタイル記事一覧

新規店狙い

パチンコ店にとって新規店オープンは、客の第一印象を良くするための非常に大切な日です(3日以上続くことも多いです)。その時は閉店時間が非常に短く、あまり遊戯できません。 ...

高設定狙い

パチンコ屋には基本的に高設定台が入ります。ただし設定次第では店側の思い通りの振る舞いをしないこともあります。ある程度の稼働が見られれば、当たりや子役の確...

ジグマ

パチスロの「ジグマ」と言うのは、「ジグマスタイル」と言われるもの。パチスロをする人は、基本的に毎回店を変える人が多いのですが、ジグマスタイルの人は「一つの店舗に...